忍者ブログ
東京都大田区の歴史
[15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在 東京都大田区池上1-1-1 (池上本門寺)

大田区文化財
 日朗聖人坐像
     昭和50年(1975年)3月19日指定

 木造寄木造り、彩色、玉眼、像高45cm。大堂(祖師堂)内に日蓮聖人坐像(日本国重要文化財)を中心に、向かって左側に本像、右側に日輪聖人坐像が対をなして安置されている。
 『新編武蔵風土記稿(しんぺんむさしふどきこう)』に、この像内に池上本門寺2世、日朗聖人(1243~1320)の真骨を収めていると記されているが、現存は見当らない。
 銘文がないのが残念であるが、肖像彫刻として芸術性も豊かであり、その彫像の手法様式などから、室町時代の作品と推考される。
  大田区教育委員会
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性