忍者ブログ
東京都大田区の歴史
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在 東京都大田区池上1-1-1 (池上本門寺)

大田区指定有形文化財
 池上本門寺の総門と扁額へんがく
     昭和49年(1974年)2月2日指定

 総門は、本門寺山内に現存する古い建築物の一つである。安藤広重の「江戸百景」などにも描かれ著名。
 建造年代は、元禄年間(1688~1703)といわれ、高さ6.4m、主柱間5.39mあり、総欅素木造(そうけやきしつきづくり)で、簡素かつ壮大な構えをしている。




 扁額(へんがく)の文字は、本阿弥光悦(1558~1637)の書を彫刻したものである。



 額は複製され、実物は寺宝として寺内に保管されている。名筆家である光悦の、堂々たる書風を示す屈指の作品である。
  
大田区教育委員会
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性