忍者ブログ
東京都大田区の歴史
[3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



所在  東京都大田区池上1-1-1 (池上本門寺)

大田区指定文化財 
 加藤清正室の層塔
     昭和49年(1974年)2月2日指定

 この塔は、江戸時代に建立された軒の美しい層塔である。現在では相輪も失われ、8層を残すのみとなっている。初層塔身の銘文によれば、寛永3年(1626年)に、11層の石塔として建てられた。



 加藤清正(1562~1611)の室(夫人)であり、清正の嫡男忠広(1601~1611)の母である正室応院が、生前に自分のために仏事をおさめ、死後の冥福を祈るという逆修供養のために建てたものである。本門寺15代日樹が開眼している。
 初層の塔身に追刻されている慶安3年(1650)の銘は、正応院の命日である。
  
大田区教育委員会
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


忍者ブログ [PR]
カウンター
現在の閲覧者数
サイト内検索
アクセス解析
プロフィール
HN:
歴史を未来に伝える。
HP:
性別:
男性